小林麻央さんの死去をツイートした弁護士事務所クロスの

唐澤氏。

bengo

 

広告

夫の海老蔵さんでさえも発表していない状況で、

このようなSNSで公表する神経にネットは炎上しています。

 

本日23日の朝の時点で、

海老蔵さんがブログを更新。

 

人生で一番泣いた日!

 

お察しくださいという文章が。

 

これが何を意味するのかは、、、、

 

人生で一番泣いた日です。
マスコミの方々も
お察しください。

改めてご報告させていただきますので、

近隣の方々のご迷惑になるので
ひとまずおかえりくださいませ、
宜しくお願い致します。

 

23日14時30分から海老蔵さんが会見するようです。

また、まだまだどこのマスコミも発表していないのに、

この弁護士事務所の唐澤氏がKYなツイートを。

 

うーん、どうなんでしょうね。

 

 

 

 

この人は何者なの?

叔父で弁護士事務所クロスとありますが、

どうやら釣りっぽい可能背もあるようです。

広告

 

批判のコメントはこんな感じです

 

ネットでは、こんな空気を読めない人には絶対に弁護を

お願いしないだの、かなりの批判コメントが。

 

広告

 

ご冥福をお祈り申し上げます。

 

追記

 

先程、ヤフーのトップにこんな記事が。

 

亡くなったことが23日にわかったフリーアナウンサー・小林麻央さんに関するショッキングなツイートが同日未明、突如出現した。

「私の姪の小林麻央、先ほど亡くなられたとの第一報。初めて出会ったよく泣く元気な赤ちゃんのときが昨日のよう。最期まで笑顔を絶やさなかったようで。ご冥福をお祈りいたします。」(原文ママ)

ツイッターに投稿されたのは23日午前2時50分で、投稿者名にはなんと弁護士名が記載されている。しかも所属する法律事務所の公式ツイッターを装うアカウントからの投稿だった。内容が内容だけに、この書き込みはまたたく間にネット拡散した。

23日午前、その法律事務所に確認すると、投稿者とされた弁護士は確かに存在していた。だが「それはなりすましのアカウントによるツイートなので、当事務所とは一切関係ありません。(麻央はその弁護士の)めいでもないですし…。朝から問い合わせがありますが、うちとは無関係」と投稿を否定した。

同事務所は、ネットに関する法律問題に特化した法律事務所で、ホームページ(HP)には「風評被害・誹謗中傷などの名誉毀損対策(削除や発信者情報開示請求、権利侵害者に対する責任追及など)は弁護士にご相談ください」とある。そのHPも23日午前11時現在、閲覧できなくなっている。

同事務所によると「今までもこうしたなりすましやいたずらがあまりに多いため、警察とは連絡を取っている」とのこと。殺害予告や爆破予告があれば、警察から連絡は入る態勢にもなっているという。犯人像については「個人か複数か分かりませんが、前から同じ人が固執していたずらしている感じですが、見当もつきません」と困惑。投稿者とされた弁護士が、個人的に恨みを買うような覚えもないという。

状況次第では、警察に被害届を出すことも検討しているという。

参照URL https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170623-00000007-tospoweb-ent

 

bbengo2 bengo1

昨日テレビ出演した際の画像です。

こちらの記事でも討論中?