広告

ある日突然送られてきた手紙。

封筒は水色で可愛いシールが張られている。

差出人は取引先の企業名。

封を開けると、その会社の若手社員の葉山ゆいを名乗る手紙が。

 

要は協賛金をお願いする手紙。

取引先の企業の社長の誕生日をサプライズでする為に、ビンゴの景品をお願いするという内容。

 

ただ、巧妙なのは、

現金ではなくて、Amazonのギフトカード。

手紙には、3万円ほどお願い出来ると助かります!と書かれているようです。

 

あくまでも、強制ではなくて、お願いするという事で、

怪しさがないという事で、騙されてしまう人が多いようです。

 

謎の女の葉山ゆいとは??

 

筆跡鑑定師の手書きのメモの鑑定の結果、

葉山ゆいと言う人物はもちろん架空の人物であり、

女性ではなくて、男性がやっている可能性が高いということ。

 

hayama2

明らかに詐欺行為をしているので、

葉山ゆいという名前は偽名であること間違いないでしょう。

 

 

実際にパーティー会場に行ってみると

送られてきた手紙には、実際にパーティーが開催されるという

日時が記載されているようです。

広告


それで実際にその日時にパーティーに参加する為に、

現場に足を運ぶとどうなるのでしょうか?

 

その会場に現れた人物とは?

しかし、実際に会場に行って見ると、被害者になっている

手紙が送られてきた会社の社員たちのみ。

 

騙された企業の社員が、

怪しまずにギフト券を処理してしまったのには、

巧妙に仕掛けられた罠だったようです。

 

サプライズパーティなので、

ほとんどの社員にはしらせていないという記載が手紙にはあったようです。

女性の画像も入っていたり、実際に取引先の企業名を記載しているため、

怪しむ人はいないようです。

かなり巧妙に考えられている手口ですね。

hayama5

hayama123

 

葉山ゆいにつながる手がかりが?

 

hayama

 

相手のメールアドレスが手がかりになるようだが、

どうもロシアのドメインを利用しているようです。

o.mo.te.na.shi@ya.ru

これが葉山ゆいがりようしているメールアドレス。

hayama3

広告

こちらの記事でも討論中?