広告

高畑裕太事件はまだ冷めそうもない。

 

ついに、あの文春が動き出しました。

21日発売された週刊文春。

 

一連の高畑強姦の全真相という、

わかりやすい見出しで記事が掲載されました。

 

それでは、数々のホテルで勤務してきた私が

ホテル業界側の視点で紐解いていってみます。

 

12

■被害者女性は読者モデル歴もある茶髪美女

■女性知人は入れ墨入りの元暴力団

 

週刊文春に記載されている記事内容の

信憑性については、

過去の独自取材能力で既に証明されているのは、

みなさんもご理解いただけると思います。

 

となると、

今回文春で掲載した記事はこんな感じです。

 

「事件前夜の22日、撮影を一足早く終えた高畑は、

ひとりで近くのサウナに行き、20時半ごろスタッフと

ロビーで合流。

この時、高畑はフロントに立っていた二人の女性従業員に

声をかけた。 「この近くで食事ができる、いいお店はないですか」

そのうちの一人、黒いTシャツにジーパンをはき、

エプロンをしていた茶髪の長身女性が事件の被害者だったようです。

他の従業員が制服を着用している中、ラフな格好にくわえ、

スレンダーな美人でもあり、ひときわ目立っていたようです。

 

 

さて、ここで注目するところは、

1人だけ制服を着用せずに

ラフな格好で仕事をしていた!ということ。

 

普通に考えておかしいですよね。

ビジネスホテルであれ、シティーホテルであれ、

Tシャツにジーンズでフロントに立つことは

まずないですよね。

広告

私のホテル人生の中でもそれはないですし、

そんなことをしているひとを見たこともないです。

 

仮にあるとすれば、

自分の就業時間が終わり、着替えて

帰る時にフロントが忙しかった??から

少し手伝ったという事でしょうか?

 

でも、やっぱりこれも通常ないですね。

 

あらゆる可能性を考えたんですが、

Tシャツにジーパンで勤務するというのは、

100%普通ではありえません。

 

この被害者女性は44歳で旦那と子供もいる、

既婚者であるという事を、行為中に高畑裕太に告白。

 

また、女性が相談したとされる知人男性は

元暴力団員でこの二人の関係は不倫の関係だった

とも言われています。

 

今回の事件では、

一緒に2人で部屋に行き、エレベーター内では

キスをするなど女性が嫌がっている様には

思えなかったと供述しているようですが、

文春の記事掲載を読む限りだと、

明らかに女性側が元暴力団員と結託して

お金をだまし取ったと言う様に思えてきます。

 

このホテルはもしかすると、元暴力団員の男の

息のかかっているホテルなのかもしれません。

 

不倫相手である女性がそこで働き、

お局様的存在で勤務していたのでしょうか?

 

おそらく、芸能人が宿泊しているという事で、

急遽仕事を入れラフな格好のまま勤務。

 

最初は話をするだけの予定が、

高畑の予想しない行動になりゆきのまま付き合い、

今回の事件が起きた可能性があると思います。

 

その後、不倫関係にある元暴力団員の男に

相談した結果、美人局(つつもたせ)的な行動を

起こした考えるのが、、、、、、、、、、、、、

 

どちらにして、少しの切っ掛けで自分の人生が

良くも悪くも大きく変わってしまうのは、

ほんと恐ろしいですね。

広告

【関連記事】高畑裕太をはめたヤクザって誰?

 

こちらの記事でも討論中?